足し算で出てくるつり銭。

イタリアで買い物をした際の支払い方法にはいくつかあるが、いずれにしても脱税防止のために店は自動的に記録の残るレシートを発行しなければならなし、客はもらったレシートを店から100mは持っていなければならないという法律がある。したがって、レシートをくれない場合は、脱税行為だと思って間違いない。日本の消費税に該当するイタリアのIVA(付加価値税)はカテゴリーによってパーセンテージが異なり、食料品のような絶対必需品のIVAは少し安くなっているらしいが、通常商品は22%で、他のEC国の標準20%よりも少し高い。このIVAは、 (さらに…)

言葉のタブー。

HDRIMG_Italia-Africa

イタリアは北と南の経済格差が大きい。全20州のうちの8州が北イタリアに属するが、その中のトリノを州都とするピエモンテ州、ミラノを州都とするロンバルディア州、ジェノヴァを州都とするリグリア州、ヴェネツィアを州都とするヴェネト州、ボローニャを州都とするエミリア・ロマーニャ州の5州と、その南に隣接してフィレンツェを州都とするトスカーナ州の6州で、イタリア全体の税収の半分を負担している。そのため、 (さらに…)

色濃く残る階級意識。

Volta e Posta header image

イタリアへ来た当初は、こちらの若い知人がアメリカ人のモデルとお忍びで会うために持っていたミラノのアパートに2ヶ月ほど住み、イタリアに少し慣れたところでコモの小さなホテルに移ってアパート探しを始めた。
初めはアパートを買うつもりでコモでは大手の不動産屋へ行ったが、朝と晩とで条件を変えてくるので怖くなって買うのをやめて、他の不動産屋で賃貸を探すことにした。これが正解で、あとから分かったことだが、日本人ということで足元を見られ、相場よりも5割も高い値段を吹っかけられていた。 (さらに…)