シニョーラと呼ばれたい…。

HDRIMG_GianniLeoni

男性の敬称がシニョーレ、既婚女性の敬称がシニョーラ、未婚女性の敬称がシニョリーナであることは大概の人が知っている。シニョリーナと聞くと若い女性を想定するが、80歳でも未婚ならばシニョリーナである。また、耳で聞くと同じシニョーレでも頭文字を大文字にしてSignoreと書くと神様という意味になり、神父が神に祈るときにはこのシニョーレだが、手紙などでは相手に対してやはり大文字を使うから、その場の判断ということになる。
名前などの前につけた場合は日本語の「さん」にあたるが、 (さらに…)

イタリアでは、何が起こるか分からない。

こちらへ来る日本の友人や知人に、イタリアは何が起こるか分からない国だから、そのつもりで、といつも言っている。だが、何が起こるかの「何」の多くが日本人の想像をはるかに超えているため、実際にはこの言葉はあまり役にたたない。しかもいったん何かが起こると、大概は次に打つ手がなく、諦めるしかない。 (さらに…)

聞かなかったから、言わなかった

イタリアの学制は、小学校が5年、中学校が3年、その後は大学進学予定者のみに限られると言ってもいい5年の高等学校と、3年プラス2年の専門高校とに分かれる。大学は昔は5年だったが、今は3年卒業と、プラス2年の合計5年卒業とがある。3年卒業は比較的らくに卒業できるが、 (さらに…)

スパゲッティ・ナポリタンは存在しない?

Spaghetti-alla-Chitarra

日本の有名な料理評論家が書いたものに、北イタリアのレストランでスパゲッティを注文したら、スパゲッティが食べたければ南へ行きなさいと言われた、北イタリアでスパゲッティがあるのはツーリスト相手のレストランに限られる、というのがあった。 (さらに…)

イタリアは若い国

Garibaldi-e-Porta-Torre

イタリアは若い国、というと、ローマの歴史を思い浮かべて、そんな馬鹿なと思うかもしれない。だが、1861年にヴィットリオ・エマヌエーレⅡ世がイタリア王を宣言して独立国家になるまでは、自治都市が90あまりも林立するヨーロッパの中の一地方だった。 (さらに…)